履歴書の志望動機、書き方や例文を紹介しています。

志望動機例文・書き方の法則【神履歴書】 > サービス業界の例文 > 「飲食業」への志望動機

サービス業界の例文

「飲食業」への志望動機





飲食店のアルバイトで、食と接客の重要性を肌で感じてきました。
東日本大震災直後の営業で、お客様の笑顔と涙ながらに感謝して頂いた事は
今でも忘れられず、飲食業の無限の可能性を感じました。
以来、お客様の笑顔を近くで見ていきたい、この仕事を一生の仕事にしていきたいと
思いました。御社の説明会にて、食材の開発から行う素材へのこだわりをお聞きし、
品質と志は高く値段は安いという御社の挑戦に共感しました。
また、様々な研修があり、成長できる点にも惹かれました。
常に私が目標とする、食事の一時を満足して頂くという想いを高いレベルで
実現に近づけられる企業だと確信しました。
入社後は、また来たいと思う店舗作りに力を注ぎたいです。


【志望動機添削】

とても気持ちがこもっていて熱意を感じる志望動機ですね。 共感できます。

「なぜ飲食店なのか?」という問いには、とても明確に答えられています。
恐らくエントリーシート等は充分通過すると思います。

次は面接での志望動機対策ですが、これはあらゆる質問を想定して、
それに対する答えをしっかり 自己分析してまとめておくことです。

例えば、
「店長がスタッフをまとめるのに最も大切なことは何ですか?」
「また来たいと思う店舗にするための方法を5つ考える」とか、
様々な質問を想定しておくことです。

これらの質問に真剣に考えて行く中で、 自分自身の考え方がより明確に
説得力を持ったものになるはずです。