履歴書の志望動機、書き方や例文を紹介しています。

志望動機例文・書き方の法則【神履歴書】 > 旅行業界の例文 > 旅行業界の志望動機例文10

旅行業界の例文

旅行業界の志望動機例文10





◆出会いのある旅は忘れられない。

私は自身の経験からそのように考えます。
1人が何度も旅をする現在において、一つの旅を販売することよりも、
お客様の印象に残る旅を一つ創造することこそが、
本当に良い旅行会社ではないかと考えます。

そしてその結果リピーターが増えると考えられます。

◆自分が旅行業の全てに関わることの出来る可能性がある。

このことこそが貴社で私が働きたい一番の理由です。

企画、仕入れ、販売、宣伝、そしてインバウンド事業までもが
全て一社に集結されている。

その結果、企画から販売へ、インバウンドから企画へなどの要求がスムーズに通り、
すばやくお客様に反映できるのではないかと考えます。


◆私はどこの部署においても、今までの経験から得た、常に他己満足を考え、
見えない努力を重ねる力を活かし、貴社に最高の利益をもたらしてみせます。


【本田祐介の志望動機添削】

>一つの旅を販売することよりも、
>お客様の印象に残る旅を一つ創造することこそが
>本当に良い旅行会社ではないかと考えます。

「1つの旅を販売することよりも」という1つの旅とはどのような意味でしょうか。
ありきたりな新聞募集のような旅行の事をおっしゃっているのでしょうか。

そのあたりの表現には、少し注意が必要です。
志望されている旅行会社がどのようなスタンスで販売しているのかを
しっかりと掴んでおく必要があります。

大手旅行会社であれば、そのような画一的な旅行を
販売していない旅行会社はありません。

そのような旅行形態自体を否定するような表現は避けて、
ご自身の信念として「心に残る旅行を提供したい」ということを
上手く伝える表現に変えてみてください。


>自分が旅行業の全てに関わることの出来る可能性がある。

○○さんは、あらゆる旅行業の役割の中でも何をしたいでしょうか。
全てに関わる可能性を感じながらも、今のあなた自身が何をしたいのかという
具体的な業務もイメージしておくと、より説得力のある志望動機になります。