履歴書の志望動機、書き方や例文を紹介しています。

志望動機例文・書き方の法則【神履歴書】 > 旅行業界の例文 > 「HIS」への志望動機2

旅行業界の例文

「HIS」への志望動機2





H.I.Sのエントリーシート
【お題1】私にとってH.I.S とは

「自分の一番幸せ、達成感を感じられる会社」
私はアメリカのHIS○○支店でインターンシップとして約4ヶ月間働きました。

私の業務内容は日系のスーパーマーケットの前で1日約130枚ずつ
キャンペーンの広告配りをしたり、現地に住んでいる日本人やアメリカ人は
休暇中に何処に行くのかを調べて統計を出したりしました。

どの仕事も終わればものすごく達成感が湧きました。
広告配りで、日本人のみならずアメリカ人にも持ち前の笑顔で配布し
大体の人は笑顔で受け取ってもらうことが出来ました。

その時の広告配りで大きな達成感と楽しさが湧きました。
HISのインターンシップでお客様に満足してもらうことが
私にとって一番嬉しい事だと感じました。


【本田祐介の志望動機添削】

全体的になぜHISなのか?
というのが書かれていないと思います。

HISだから感じられた幸せや、達成感をもう少し具体的に書いて見てください。




【お題2】:私のH.I.S における将来の方向性
(1 年後、3 年後、それ以降を踏まえて記入してください)

<1年後>
「また接客してもらいたい。」と思ってもらえるような販売員になる。
販売の実績を常に上位に保ち、お得意のお客様をつけていたい。

<3年後>
海外支店で活躍したい。
日本人が海外で満足して貰う事も踏まえて、
海外のお客様に日本を身近な観光地にするために海外で日本を紹介したいです。

現地の日本人には短い休暇でも楽しく過ごしてもらえるようなプランを考え
売り上げを伸ばしたい。いずれは海外支店の店長になりたいです。


【本田祐介の志望動機添削】

具体的でいいと思います。
現実的な仕事のビジョンと、将来の方向性がリンクしています。

面接ではさらに突っ込んで、
「どうやって売れる販売員になるの?」
「どうやって日本を紹介するの?」

というところまで聞かれると思います。
自分の考えをまとめておく必要があります。