履歴書の志望動機、書き方や例文を紹介しています。

志望動機例文・書き方の法則【神履歴書】 > よくある8つの間違い > よくある間違い パターン6

よくある8つの間違い

よくある間違い パターン6





「将来性のある業界や将来性のある企業で働きたいです。」

業界の将来性や、その企業の将来性は、時代とともに変わっていくものです。

今は良くても、今後は悪くなるかもしれませんし、
今は悪くても、今後は良くなるかもしれません。

将来性というものを志望動機にするのは、
そんな不確定なものを軸にしていることになるのです。

「将来が明るいから、その業界に入りたい!」という人。
「その業界で、こんな夢を実現したいから、入りたい!」という人。

あなたが採用担当者だったとしたら、
どちらを採用したいと思うでしょうか?

その問いの答えが、全てを教えてくれるのではないでしょうか。

そもそも将来性を1人の人間が読むことは難しいです。

経済を人生かけて勉強している経済アナリストでも、
翌年の景気を当てることさえ、難しいのですから。

将来性を志望動機にするのはやめましょう。